プロフィール

ノリノリみわりん

Author:ノリノリみわりん
悳(内藤) 美和 Miwa ISAO(Naito)

Pianist / Composer

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

サボイオペラとコンサート♪

最近行ったオペレッタ。サボイオペラというのかな?
The MIKADO。

たまたま台本を楽器店で見つけたので購入。前もって予習してからいざ。。。時事ネタなどのジョーク満載なのでわからなくてさみしい部分もあったけれど、なにしろギルバート&サリバンの音楽がいいので十分楽しめました。

このオペラは、チチプ(秩父じゃないよ)というヘンな名前の日本の町が舞台なのなので、前に見たDVDでは、摩訶不思議な着物か何かわからない斬新な?衣装と演出で面白かったのに、今回のはほとんど日本的なものはなく少し残念。なんでかな?

モダンできれいな演出でした。それはそれでよかったけれど。特に白いタキシードの首のない紳士が数人で躍る演出はシュールで素敵でした♪


London Symphony Orchestra♪


先月、バービカンセンターにロンドンシンフォニーオーケストラ(LSO)のコンサートへ2日続けて行きました。

ダニエル・ハーディング指揮のシベリウス、ベートーヴェン、Turnageという現代作曲家の作品。

2日目は、ピアノコンチェルト3番が聞きたい気分で行ったのだけど、思いがけずトーネイジという作曲家の世界初演だった「Speranza」が、とてもよかった。緊張を強いる曲。心に残った。

ピアノコンチェルトでは、前に座っていたカップルが、ほとんど絶え間なく、首を横にフリフリしてノリノリだったので、微笑ましかった。たまに顔を見合わせてニッコリしたり・・・ww

このカップル、これだけが目当てだったらしく、ベートーベンが終わったらトーネージは聞かずに帰ってしまった!
(^^)!

こういう楽しみ方もアリかもね^^





















スポンサーサイト

<< ひょんなことから新曲誕生「春風」  【BACK TO HOME】  雪のロンドン >>


◆ コメント ◆

「作曲依頼。」


新潟県の柏崎市で「筋ジストロフィー」という難病と闘い作詞活動しています。是非、曲を付けて下さい。080―8715―4151 daichan555@gmail.com

「春風」

天気は晴れ(6) 気分も上がる(7)
春の訪れ(6) 待ちわびていた(7)

電話しながら(7) 好きな人とすれ違う(11)
目と目が合って(7) 視線が離れない(9)

春の風は(6) 元気が出る(9)
前向きに(5) 挑戦したい(8)
爽やかな風が(7) 背中を押す(6)

空は雲の 比率が低い
雲は消えて 青空、増える

声を掛けられる 後ろを振り返ってみると
優しい笑顔が 隣にいたのだ

春の風は 追い風になる
顔を上げる 自信が出てくる
爽やかな風が 力になる

目を閉じてみて 風の音が
そっと聴こえた もう春だね

春の風は(6) 元気が出る(9)
前向きに(5) 挑戦したい(8)
爽やかな風が(7) 背中を押す(6)


≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP