プロフィール

ノリノリみわりん

Author:ノリノリみわりん
悳(内藤) 美和 Miwa ISAO(Naito)

Pianist / Composer

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

明治の天才絵師!

河鍋暁斎


今日、蕨市にある河鍋暁斎(かわなべきょうさい)美術館で開催されていた父の個展の最終日でした。

私は先週行ってきました。

河鍋暁斎美術館


河鍋暁斎の曾孫にあたる、館長さんの河鍋先生にたまたまお会いできて、暁斎の面白いエピソードも伺う事ができました。

仏画、役者絵、風刺絵、マンガ絵、残酷絵、パフォーマンス、デザイン・・・と、幅広い精力的な創作活動、又、国内

外を問わず多くのファンや、師と仰ぐ人々がいたというスケールの大きな芸術家像を垣間見ることができ、

すっかり暁斎ファンになったのでした。

2010.4.18河鍋先生 









スポンサーサイト

<< 大収穫(@_@;)たけのこ掘り&コンサート前日合わせ  【BACK TO HOME】  不思議な家 >>


◆ コメント ◆

「」


こちらでは久しぶりです。
河鍋暁斎ですか。また勉強になりました。名前、覚えときます。さっきインターネットでざっと調べたら、この人の作品は実に僕好みです。国芳のお弟子さん。これはうなずける! しかも鈴木基一の娘さんと結婚された。僕の好きな画家ばかりなので、親しみがわいてきます。
いいですねえ。この記念館、行ってみたくなりました。お父さんの個展にはタイミングを外してしまい、ごめんなさいm(__)m。

勉強不足ばかりなのですが、日本の美術史を見ていると、どの時代でにもすごい美術家がたくさんいて、要するに自分が無知なだけだと気づかされます。何がすごいか、個人的な感想を言うと、デザイン力ですね。日本が世界のデザイン界のトップレベルにある理由は、このあたりの伝統から来ているのですよ。
あと、漫画の力も、日本画の伝統。

暁斎、これからちょっと、研究していきます。


「」


河鍋暁斎・・・なんとも重みを感じますね~

私は訪問させた頂いたとき、ちょっと長居すぎて拝見できなかったのです、パンフを見ても興味が湧き出てきます、またゆっくりと伺って拝見したいな~と思ってます

お父様の個展も大成功だった様子なによりです^^

懐かしく子供の頃の事を思い出せる素敵な絵がイッパイでした、今の子供たちに伝えることが出来ればという思いで今も私の脳裏にお父様の武蔵野の絵が浮かんできます。

  ほんとに良い経験をさせて頂きました。


「研究ぜひしてください!」


雑虫さん、コメントありがとうございます。

ぜひぜひ研究してください。うちに本などもたくさんありますよ!父も喜びます。

残酷な絵は苦手ですが、曾孫の河鍋先生の解説で、なるほど~と思うこともありおもしろかったですよ。

9日のコンサートのチラシデザインありがとうございました。パッと明るくて気分まで明るくなります。
色って人の心を左右させるものだなあと思います。
ブログにUPしたいのですが、技術と時間がなくて残念;;
以前へらさんにいろいろ教えていただいたのですが、そのままになっています(;´д`)トホホ


「今度ぜひ!」


へらさんコメントありがとうございます。記事もURLで使わせていただきました^^
昨日までの暁斎の展示は、小ぶりの風景画のみでしたので、また他の展示がある時にいらしても楽しいのではないかと思います。
お近くていいですね^^


「あらお恥ずかしい^^;」


何気に私の訪問記事URL入れていただき感謝です

ちょっとお恥ずかしい私の老けた顔も愛嬌ということでw

悳先生にも宜しくお伝えください、また機会がありましたらお会いしたいと思っております、とても暖かい素敵な方だったので・・そして先生の回りにいらっしゃる方々も楽しい方ばかりで、先生のお人柄の一辺を感じることが出来ました。


「かえる!」


暁斎のかえる大好き!

ほかには地獄絵図みたいのが印象に残ってます

おどろおどろしいのって苦手なはずなのに、暁斎とか芳年とかのは何故か見入っちゃうんだよね



今日はありがとでした(*^ー゜)b♪


「こちらこそ~♡」


かえるね~
しのちん、良く知ってるね~
暁斎のかえるが人気で、かえるファンの集まりみたいなものもあるらしいよ。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP