プロフィール

ノリノリみわりん

Author:ノリノリみわりん
悳(内藤) 美和 Miwa ISAO(Naito)

Pianist / Composer

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつからだったか忘れたのだけれど、

子供たちに、ママの誕生日には栞を作って~♪ と言うようになって随分になり、

かなり沢山の栞が聖書に挟んである。

並べてみるとおもしろ~い(^ω^)




小、中、高校生、大学生くらいまでの栞はあるけれど、もう最近は作らなくなっちゃった。

と思ったら社会人の長男が作ってきた (笑)




スポンサーサイト

展覧会まとめてアップ


独りよがりレビューですが(*‘∀‘)

東京ステーションギャラリー
「ひらかれた美術の9日間」 

父の個展の会期中に会場から近かったので内覧会に行ってきた。

現代アート作家のグループ展だけど、ただの展示ではなくてステーションギャラリーのスペースが生かされた楽しい展示だった。



松濤美術館
「セラミック・ジャパン」

日本のセラミック黎明期。国を挙げて全国に試験場を作り新しい作品が試行錯誤の中生まれたのだけれど、個人が発信源のムーブメントと比べてしまうと、爆発的にクールな作品はなかなか生まれないのかなあ、とちょっと考えさせられた展示だった。



上野の森美術館
「デトロイト美術館展」

美術館にドラマあり。歴史あり。
地域の人が美術館を育み、また地域が息を吹き返した。行ってみたいなデトロイト。

ちょうど撮影可の日でラッキ~♪


大好きなルドンの「心に浮かぶ蝶」


他にも色々好きな絵を撮ったけど割愛。


すみだのモースコレクションも面白かった。



サントリー美術館の秋田蘭画展は、私は全く知らなくて自分からは行かなそうなものでしたが、珍しい展覧会だから見てきたら?と父に言われて行ったら意外に良くて。

杉田玄白に認められ解体新書の挿絵を描いた若い画家小田野直武がメインの展示。上手い。とてもユニーク。



渋谷Bunkamuraの、ゴールドマンコレクション「これぞ暁斎」。
これはまだ会期中。楽しかった。笑いを誘う動物モチーフの作品がたくさんあります。
おすすめです♪


本日ここまで^ ^






楽しかった日動画廊


父の個展開催中に、こんな素晴らしい体験も。

ご近所の日動画廊で、創業90周年記念の特別展が開催されていました。

「藤田嗣治と日動画廊の歴史展」

散歩がてらたまたま見てきた父が、これは行かなきゃ損だよ。と勧めるので小走りに見にいきましたら、、、

藤田嗣治の作品の素晴らしさは勿論のこと、創業90年!の歴史の一端を垣間見られる展示に非常に惹かれました。

先代の長谷川仁社長?の言葉や、エピソード、日動画廊誕生のスピリットに感銘を受けました。

画商という仕事がまだなかった時代です。牧師だった長谷川仁さんがまあ色々あり決断、これは信仰ゆえの流れと決断であると感じましたが、風呂敷包みの絵画を数点行商することから始まった日動画廊。

駆け出し日動画廊と画壇のスター的存在の藤田嗣治との出会い。

志の高さ、情熱、ある種のきよさ、高潔さと言ってもよいのかわかりませんが、そのような流れで人が動く時、、帆船が風を受けて大海原に導かれる。最近見た映画「海賊と呼ばれた男」の感動が蘇りました。

質問に親切に答えて下さり本なども見せてくださった画廊の紳士はどなただったのでしょうか?

藤田嗣治の作品を間近にじっくり観るのも初めてでした。実際見なければわからない魅力が確かにありました。

猫乱舞、、、嗣治は渡仏し日本人としての自分を強く意識したのだろうなあ、、。

しかしすごい絵だなあ、と見入っていると先出の紳士が、これは絹本の日本画だと教えてくださいました。

先代のスピリットが今も脈々と受け継がれていることを願います。




銀座に出るなどは父の展覧会の時くらいです。また風土展のときに日動にも行こうっと♪








ロンドンの日常

ロンドン五輪で盛り上がっているかといえば、私の日常はそんなでもない。

生活してるという感じ。観光らしいこともまだほとんどしていない。

やっと住家が整って子どもの学校生活も慣れてきて、水曜日のリサイクルごみ金曜日早朝の普通ゴミの出し方も覚えた。

ピアノは威風堂々のピアノバージョンを買って楽しんでる。最近はショパンのノクターンのたぐいを弾くのが心地よい。

讃美歌のおかげか、前より和声やバスの動きに気持ちがよくなってきた。

毎週水曜日は祈祷会をやっている。日曜日は教会へいく。

今は夏休みで子どもがべったり家にいる。日本から長男長女とティファニーも来て我が家は一気に人口密度が増した。

今日はセントポール寺院とコベントガーデンに4人で行ってきて、案外楽しかった。観光した!


携帯のブラックベリーで写真を撮ったのでUPしたかったのだけど同期用のコードがどこかへ行ってしまったので、これはちょっと前の写真。キッチンの窓から。鳥のさえずりと草いきれ。ここ、気に入ってる。

20127.12 HOME




掃除


教会の会堂掃除のピンチヒッター。

やってみると広いので結構大変。

でも、教会は様々な奉仕をする人たちで成り立っている。


落ち葉を箒で掃いてると、あれ?教会の柵の下に小さく白い紙包みが。鉛筆で「教会へ Y.M」と書いてある。

中にはきれいな石が2つ入ってた^^ 

会堂掃除の奉仕は2人ペアでするらしかった。

今日ご一緒したAさんは、掃除の時、礼拝堂の長椅子の後ろに置く「讃美歌21」は、全部方向をそろえていらっしゃるそうなので、一緒にそろえてみた。

なるほど、後ろから見ると全部そろっていて美しい!

それぞれの奉仕者の心意気や、こだわりが、教会には溢れているんだなあ。












  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。