プロフィール

ノリノリみわりん

Author:ノリノリみわりん
悳(内藤) 美和 Miwa ISAO(Naito)

Pianist / Composer

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

学芸員資格過程その後


学芸員資格過程は無事19単位取得する事ができました<(_ _)>

思えば、骨折から始まり松葉杖が取れた頃から対面授業が始まり、一日中授業漬けの毎日でしたが、好きなことを思い切り勉強できることは幸せです。個性豊かな楽しい同窓生にも恵まれました。

------------------------------------------

最近ひとつ悲しい知らせがありました。

博物館実習でお世話になった内田啓一先生が2月8日に急逝された事を、先日友人から聞いて知りました。
私とあまり年も変わらなかったので今でも信じられません。

実習初日でやや緊張した空気の教室に、ひょうひょうとした内田先生が入ってこられ、一気に緊張が解けたような気持になったのは私だけだったでしょうか。 先生のジョーク満載の授業はテンポが良くて面白く、質問にも丁寧に答えて下さったのが印象的でした。 先生の授業を受けることができ、幸せでした。

ご冥福をお祈りいたします。


 



スポンサーサイト

風土展無事終了


風土展が無事終了しました。

お忙しい中、また遠方よりおいで下さった皆様、

本当にありがとうございました<(_ _)>


父は高齢ですが、皆さまに励まされ、また来年も大作発表の場である風土展に出品するために、準備を始めると思います。


個展等のお知らせもまたさせていただきますので、またよろしくお願いいたします。





突然ですが、、、、

このブログ名が、3児の母、というこれ、かなり前に付けたんですが、はじめブログを始めた時は子育てが生活の大きな比重を占めてたので子供関連もアップするつもりだったんです。。。。

でも何だか流れでほとんど書いてませんでした。

もう3児の母という感じの年齢でもないしブログ名変えようかなあと思ってるんですが、なんか面倒でそのままです<(_ _)>


そんなわけで大きくなった子供の話題です!


今年は本当~~に久々に家族が集結٩( 'ω' )و




子供達も大きくなるとそれぞれに忙しくしていますがε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘




実は母が、5年目の検査をパスしたので感謝だから、みんなで食事がしたい!とのこと。
そこで全員、集まることになりました。


ロシア料理です♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
あまり写真撮らなかった・・・食べるのに夢中で・・・・('◇')ゞ



これは、シューバというロシア料理。毛皮っていう意味です。ニシンが赤かぶなどに包まれてます。美味しいんですよ♡
でもロシアで食べたのは、もっとワイルドな盛り付けでした('◇')ゞ













学芸員資格過程受講終了


練馬区立美術館の若林館長さんを通して、この講座を知り、悩んだ末思い切って受講。一夏で19単位を取るというえらくハードな3ヶ月間が先日終了。
あとは10月中旬の結果待ちという事で、一先ずホッと一息ε-(´∀`; )






実習では刀剣の扱い方なんて事もやりました。
意外に好きでした( `ー´)ノ





飾り結び。これは甲冑などに使われる揚げ巻き結び。
私は勝手に十字架結びと命名しました(^-^)/ 教会学校で使えるかも?






唯一の選択科目は洋画修復をにしました。改めて父がどんな画材を使ってるのか等よくよく見るようになりました。









今年から加わった科目「博物館情報・メディア論」ユニークでした。これから研究が進む分野です。川崎市民ミュージアムはその先駆的存在。




博物館資料の中型カメラでの撮影も実習しましたが、今はほぼデジカメだそう。




若林館長さんに感謝(´-`)




まとめ。

どれもみな素晴らしかったけれど、一番感銘を受けたのは生涯学習論の授業。

それは、きっと自分の信仰と教会のあり方について考えさせられたから。

それから、家族に感謝した。 ママが家にいない間めっちゃがんばってくれた。

本当にお疲れ様でした(*´Д`)

濃すぎる夏は終わった!!!!

これを先に繋げていけますように!





雪のロンドン

   SNOWY LONDON ♡
snowman2013,1
snowy London2013,1

プロジェクト ’T’ 

今年の夏、内藤家の「プロジェクト“T”」は 決行された。

5月のロンドン赴任の際、実家に預けてきたミニチュアダックス通称ソーセージドッグ(英名)のTiffanyを、長男長女が日本→パリ経由、ドーバー海峡を渡りロンドンまで運ぶというプロジェクトである。

はたしてTiffanyは無事、ロンドン入りしたのだけれど、それまでの苦労は筆舌に尽くしがたい。

検疫用等の書類は日本から念には念を入れて、そろえるだけそろえたにもかかわらず、フランスのカレからフェリーに乗る際に止められ、急きょフランスのパスポートをとることに・・・(@_@;)

元々ロシア国籍のティファニーは、こうしてロシア、フランスのパスポートを持つ2重国籍犬となったのだった!

地下鉄を乗り継いでロンドン北部の我が家に2人+一匹が、やっとこせたどり着いたのは、予定よりも大分遅い、もう日も暮れてからだった(+o+)

犬用ケースの取っ手が壊れ、抱えてきた桃。2人分の重い荷物を運んできた海。長時間ケースに入っていたティファニー。

本当に長い長い旅路、お疲れさま!!!

たいへんよくできました◎
Tiffany in London
@自宅近くのティファニーお気に入りの公園
決して苦労を感じさせない爽やかな横顔・・・・笑

はじめて家族5人+1匹が離れて暮らすことになった今回の英国行き。
初めは全然余裕なくて、さみしいなんて正直感じることもなかった。でも・・・

夏休みを利用して、上の2人がティファニーを連れてきて、家がすごくにぎやかになった。
パパは、オリンピックで仕事詰めの日々、当然休みもなしだったので私と子どもたちはそれぞれ小旅行に行ったり、ロンドン観光したり。長男はヨーロッパへ、長女も、自分より大きなバックパックを背負って10日ほどアイルランドとウエールズに初めて一人旅をした。

最後はパリで落ち合って、2日ほど4人で過ごした。
ホテルでは夜遅くまでしゃべったり、お題を出してデザインコンペみたいなことしたり・・
webみんなでデザインコンペ in Paris

あまり観光らしいことはできず、なんかひたすら歩いた。でもここは気持ちよかった。
凱旋門へ行く途中にたまたまあったチュルリー公園かな。ラベンダーの香りいっぱいだった!
ドキュメントParis足

春は海とずーっとしゃべってた。
web Paris Kai Haru

ロンドンからバスツアーでハリーポッターの映画が作られたスタジオへ。
3人そろって楽しかった

パリのホテルから朝、タクシーで空港に向かう子どもたちと別れるときに、なんだか母親らしい感情が湧いてきたのには自分でも驚いた(笑

この人たち、付き合っていて本当に面白いし、これからどんどん進化?していくんだろうなあ。








  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE