プロフィール

ノリノリみわりん

Author:ノリノリみわりん
悳(内藤) 美和 Miwa ISAO(Naito)

Pianist / Composer

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖歌隊今年の予定

 聖歌隊予定      2017 3月12日現在 

4月16日 イースター礼拝
 ♪讃美歌146「ハレルヤ!戦い終わりて」

5月14日 教会80周年記念礼拝 
 讃美歌21ー509 光の子になるため

6月4日 ペンテコステ礼拝
 ♪讃美歌21-347「たたえよ、聖霊を」

7月9日 80周年記念誌発行&ミニコンサート(礼拝後)
 ♪讃美歌21「光の子になるため」ほか
  チェロ、バイオリン、フルート、オルガンソロ等、予定


9月9日(土) 西東京教区音楽祭(予定)会場:東京女子大講堂
 候補曲
 ♪「光の子になるため」
♪マタイ18:19-20「2人又は3人が」♪詩編23「主は羊飼い」ほか未定

10月29日(日)宗教改革500年に因んで
候補として♪讃美歌267神はわがやぐら、♪258貴きみかみよ、

12月24日(日)クリスマス礼拝、イブ讃美コンサート
 ♪「ハレルヤコーラス」ほか未定

以上

創立記念礼拝「光の子になるため」参考まで













スポンサーサイト

あさり

柄と色が素晴らしい\(^o^)/

アンサンブルの楽しみ


父は以前から、フルートを演奏されるご近所のTさんと、定期的にギターとのアンサンブルを楽しんでいます。

今年初めだったでしょうか、ピアノも加わる三重奏の珍しい楽譜をTさんが入手されたとの事で、私もアンサンブルのお仲間に加えて頂くことに。


Nikolaus Stossel 作曲
Divertiment for piano , flute & Guitar op.33



スタッセルはロマン派後期のドイツの作曲家のようですが、資料も音源も見つけられませんでした。
しかも通すと20分以上はかかる大曲なのにスコアがなく、パート譜の小節数が合わなかったりのハプニングが続出(~_~;)

初めは、合わせても合わなくてあちゃーっと思いましたが、そのうち間違い探しやパズルをやってるような感覚になってきて、皆で面白がって正しい答えを探しました(=´∀`)

そんなわけでしたから、何とかかんとか終わりまで通せた時には、やったあ~~と、思わず歓声が笑


そして昨日、、、

次なる課題がTさんのメモと共にポストに(=´∀`)



カルリは有名な作曲家なので、YouTubeにも音源ありました。
今度は間違い探しはしなくて大丈夫かも?笑


何はともあれ、アンサンブル、楽しいです♪


追記:
スタッセルのディベルティメントを、もし演奏したい方がおられましたら、ギター、フルート(もしくはバイオリン)の練習用にピアノパートのみをYoutubeにアップしてますので、よろしければご利用くださいませ♪

↓ここから入っていただいたら1~4曲目まで聞くことができると思います(^^)/













いつからだったか忘れたのだけれど、

子供たちに、ママの誕生日には栞を作って~♪ と言うようになって随分になり、

かなり沢山の栞が聖書に挟んである。

並べてみるとおもしろ~い(^ω^)




小、中、高校生、大学生くらいまでの栞はあるけれど、もう最近は作らなくなっちゃった。

と思ったら社会人の長男が作ってきた (笑)




展覧会まとめてアップ


独りよがりレビューですが(*‘∀‘)

東京ステーションギャラリー
「ひらかれた美術の9日間」 

父の個展の会期中に会場から近かったので内覧会に行ってきた。

現代アート作家のグループ展だけど、ただの展示ではなくてステーションギャラリーのスペースが生かされた楽しい展示だった。



松濤美術館
「セラミック・ジャパン」

日本のセラミック黎明期。国を挙げて全国に試験場を作り新しい作品が試行錯誤の中生まれたのだけれど、個人が発信源のムーブメントと比べてしまうと、爆発的にクールな作品はなかなか生まれないのかなあ、とちょっと考えさせられた展示だった。



上野の森美術館
「デトロイト美術館展」

美術館にドラマあり。歴史あり。
地域の人が美術館を育み、また地域が息を吹き返した。行ってみたいなデトロイト。

ちょうど撮影可の日でラッキ~♪


大好きなルドンの「心に浮かぶ蝶」


他にも色々好きな絵を撮ったけど割愛。


すみだのモースコレクションも面白かった。



サントリー美術館の秋田蘭画展は、私は全く知らなくて自分からは行かなそうなものでしたが、珍しい展覧会だから見てきたら?と父に言われて行ったら意外に良くて。

杉田玄白に認められ解体新書の挿絵を描いた若い画家小田野直武がメインの展示。上手い。とてもユニーク。



渋谷Bunkamuraの、ゴールドマンコレクション「これぞ暁斎」。
これはまだ会期中。楽しかった。笑いを誘う動物モチーフの作品がたくさんあります。
おすすめです♪


本日ここまで^ ^






  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。